うちのチームは人数が少ないから勝てない。

あの高校は、偏差値が高いから無理。

営業の仕事はやった事がないから出来ない。

など、やる前から自分の価値観、自分の経験、視覚情報から無理と決めてしまっている事が、実現する事はありません。

たまに謙遜して、心の中では出来るかもと思っていても言葉では出来ない。という人もいますが、これも出来ない方向に引き寄せられるのでやめた方がいいです。

出来ないと思っているという事は、出来るようになるための練習や努力をしないという事です。

ゴールを低く設定している。目標を妥協している事で、目標達成の為にやる事も、それらに応じたレベルに自然となっていきます。

でも私も以前まではそうでした。ただ出来ないというと怒られたりするかもしれないので、建前上は無理かもしれないけどとりあえずやってみると言いますが、心の中では絶対無理と思っているタイプでした。

でも今は違います。

できるか出来ないかは、やってみないと分かりません。

しかも出来るという事は、まずは出来ると思えないと出来ないという事なんです。

言っている事が少し理解しにくいかもしれませんが、脳が出来ないと判断している事は、絶対に出来ないという事です。逆に脳に出来ると思い込ませれば、それは出来るのです。なぜなら脳が出来る方向に身体に指令を出し動かし、脳も出来る方向の思考になるからです。

なので、たまに直ぐに無理!とか出来ない!とか言う人がいますが、その人の言っている事はまさしく出来ません。言う事によって出来ないようにしているのです。

一番怖いのは、指導者や先生、親がこの考えだと、選手、生徒、子供の可能性をつぶしてしまうという事です。

それがドリームキラーです!

出来る、出来ないは、やってみないと分からなし、出来ると思える事が実現するためのスタートなんです。

まずは出来ると思えるようにすることが大切です。

その為にも、人に教える立場の人は、今書いたことを是非理解して頂き指導に当たってほしいと思います。

最初は出来ないや無理と思い、言ってしまう事があると思います。まずはそれに気付く事。次に言う事を辞める事。そして思う事を辞める事。その順番で取り組んでいくと、否定的な思いをする回数が減っていきます。

是非出来ると思えるようになって、夢や目標を叶えて行きましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。

今日も最幸の1日なりました(*^^)v

楽成感