【№92】

小学校低学年の子供たちは、どうしても集中力が続かないことが多いです。

集中力が続くのはせめて10分ぐらいでしょうか。

10分経てば、あっち向いたり、こっち向いたり、下を向いいたり、人にちょっかいをかけたりと直ぐに違う事を始めます。

でもそんな子供達でも集中力が継続する時があるのです!

それは楽しいことで競争心を煽られた時です。

もしくは、競争心を煽ることで、楽しく感じて集中力が継続するのです。

特に野球の練習をしていて集中力がなくなってきたら、私はリレーをします。

このリレーとは、集中力を継続でき、また体力もつけることが出来、一石二鳥なんです。

リレーというと子供たちは喜びます。

これは50m競争ではだめなんです。

なぜだめかというと、50m競争だと個人競技となり、足が遅い子は嫌がるからです。

でもリレーだと足が遅くてもチームに早い子がいれば、その子に頼ることが出来るし、何よりも勝つことが出来る可能性があるから、楽しくなるのです。

リレーは、先ほどは一石二鳥といいましたが、集中力継続、体力増強、チームワクア強化等、一石三鳥や四鳥にもなる可能性を秘めており、良い練習方法です。

これは脳科学の面から言うと必然で、リレーが楽しいから集中力が続くのです。

子供に限らず、人間は、楽しい事しか続かないのです。

逆に楽しければ、いつまででも、体力が続く限りやるんです!!

21269998 – happy young girls raising hands together in park.

ですので、集中力が落ちてきたかなという時は、楽しい練習に限ります。

楽しく、集中力を継続させて、夢や目標を叶えましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

今日も最幸の1日になりました(*^^)v