メンタル

【№341】文字だけでは伝わらない

この状況下なので、人と合う事がかなり減っていると思います。

更にはコロナの第二波なのか、東京をはじめ都会では感染者が増加しております。

そうなってくると人とのつながりは、電話やSNSになってきます。

恐らくほとんどの人が、なにかしらのSNS を利用して人とのつながりを維持していると思います。

そんなSNSですが、簡単に言葉を伝えれる、顔を見なくて話せるから楽、何時でもどこでもやり取りできるという手軽さから、今後もコミュニケーションの重要な役割果たしていくと思います。

しかしそんなSNSにも欠点があります。

それは文字では伝わらないこともある。文字だけだとではニュアンスが伝わらないことがあるという事です。

文字は自分にイメージしている事、思っている事を文字で表現したとしても、相手側のその時の感情や、送り主の受け取り側に対する思いで、意図が伝わらない事は多々あります。

そしてそれが原因で勘違いに繋がり、人間関係が悪化したりする場合があります。

このような問題は今後さらに多く出てくると思います。

文章だけでは伝えたい内容の、半分ぐらいしか伝わらない、時にはより丁寧に書かないと勘違いされることもあるので、十分注意が必要と考えます。

特に受け取り側にプライドが高い人、偏った考えを持っている人の場合は注意が必要。

送り側は、文章が苦手な人、SNSを面倒だと思っている人、イラつきながら文章を書いている人は注意が必要です。

何気ない文章が、気付きあげて来た人間関係を崩してしまう恐れもあります。

ですので、絵文字とかフォローの電話を入れるとか、相手にもよりますが、会話する時よりもより丁寧に対応する事が必要となります。

SNSは非常に便利な分、こういった問題も出てくる可能性がありますので、注意していく必要があります。

人間どうしても普段はマイナス思考の為、なんでもマイナスに捉えてしまうので、文章もマイナスに感じてしまうのです。

当たり前の事かもしれませんが、ちょっとした丁寧さで伝えたい事が、伝わる場面もありますので、より丁寧に対応していきましょう。

感情は文書にも現れますので、感情をプラスでSNSもやっていきましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。

今日も最幸の1日になりました(*^^)v

楽成感