メンタル

【№255】言った後が大事!

どうしてもマイナスな事を言ってしまう事ってあります。

言わないように気を付けているのですが、人間の脳は常にマイナス思考なので、ちょっと油断すると、すぐにマイナス側にふれてしまい、言葉もマイナスの事を言ってしまいます。

でもそれでもいいのです。

マイナスの事を言ってしまった後が重要となってきます。

マイナスの言葉口にしてしまったら、3秒以内にプラスに切り替える事が重要なんです。

これを

「3秒ルール」

と言います。

プラス思考になる事が大切だという事は分かっているのですが、言葉までプラスの事しか言ってはいけないとなると、普段からマイナスの事ばかり言っている人にとってはいきなりプラスの事だけとなると、それがストレスとなり続かなくなります。

ですので、マイナスの言葉言ってもいいですが、その後に3秒以内にプラスの言葉、動作を使ってプラスに上塗りする事をしてもらうようにします。

そうすることで、脳は後に口にした言葉を信用しますので、結果プラス感情、プラス思考になるのです。

どうしてもピンチの状況や辛い状況になると、弱音を吐いたり、諦めの言葉言ってしまったりすることもあります。

でもそんな状況でも言ってしまったから終わりという事ではなく、そこで3秒以内にプラスの言葉で切り替えることが出来れば、そこはピンチがチャンスに切り替わるのです。

どんな状況でもこの「3秒ルール」さえできれば、ピンチはチャンスに切り替わり、自分の成長の場に変わるのです。

このピンチを受け入れる、そのピンチの為に準備をしておくこともプラス思考になる為の方法なんです。

そのピンチを楽しめるようになった時が、本物のプラス思考になった時です。

夢や目標に向かって進んでいくと必ず困難な状況や逆境な場面は訪れます。

でもその場面を拒絶するのでなく、その場面を受容して、チャンスに変えることが出来た時、困難が困難ではなく、逆境が追い風になる時です。

言った後に気を付ける。

言った後にプラスの言葉で切り替える!

3秒ルールを使ってプラス思考全開で、夢や目標を叶えて行きましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

今日も最幸の1日になりました(*^^)v