メンタル

【№185】誰かのために

「誰も見ていない所で野球をやっても全く面白くないと思います。自分のプレイを喜んでくれる人がいるのが、今の僕の楽しみです」

これは大谷翔平選手が2014年のあるインタビューで語った言葉です。

大谷翔平選手は、野球は自分の為にではなく、ファンの為にという気持ちが強いんです。

野球を初めたきっかけは、野球が面白いとか、友達とできるからとか。色んな理由がありますが、その道でトップに行こうとすると、好きという気持ちだけでは、中々トップに行くのは厳しいです。

大谷翔平選手は、そこをわかっているんです。

野球が好きだから野球を続けたい。でも野球で結果を残さないと、首になってしまい野球が出来なくなるかもしれない。

つまり誰かのためにという気持ちでやっていることで、結果が出る。結果が野球を続けることが出来る。

このサイクルは、夢や目標に向かって進むときに必ず現れる逆境や困難を乗り切る時に必要なものです。

自分のためにだけにやっていると、辛い事や、大変な事が訪れると、自分の気持ちを我慢する事で、その辛いことは回避できると考え、一時諦めて、避ける選択をします。

でも今避けても必ず後からまたやってくるのです。

つまり夢や目標を達成するために、どんな逆境や困難な壁も克服していかなければならないのです。

誰かのためにが、結果的に最後は、自分の為に繋がる。

それが成功するためのポイントなんです!

前進したい人、困難を乗り越えたい人、ワクワクを継続したい人は、誰かのためにという、誰をまずは明確にして下さい。

そうすることで、より鮮明にイメージできるようになり、何事も乗り越えて行けるようになります!

誰かのために、夢や目標を叶える!

そうすることで、自分も喜べるようになりますし、誰かを喜ばせる事も出来ます。

こんな一石二鳥な事はありません!

誰かのために夢や目標を実現し、自分も成功しましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。

今日も最幸に1日になりました(*^^)v