メンタル

【№169】最高経営責任者!

「人生のCEO(最高経営責任者)になれ。自分で決断し責任を取る。そして自分の人生を支えてくれる人の為に生きる」

これはメジャーリーガー菊池雄星投手の言葉です。

人生のCEOになれていますか?

CEOとは「Chief Executive Officer」の略で、日本語では「最高経営責任者」となります。

つまり社長です。

一番偉い人です。

参考までにCOOというのも聞いたことがあると思いますが、COOは「Chief Operating Officer」の略で日本語訳は「最高執行責任者」となります。

つまり経営計画などを実行に移し、現場を統括する責任者の事を指します。

つまり№2の事です。

自分の人生は自分で決定し、自分で責任を取る。つまり全員が人生の経営者のはずなんです。

必ず生まれた時から一人一人なりたくなくてもCEOなんです。

でもそれに気づかず、また周りの環境や場当たり的な考えでその場を凌ごうとするため、経営できず右往左往してしまい、人生という会社の経営を傾けてしまい倒産寸前となるのです。

会社というものは、社長や取締役会で決めた経営理念があり、そして数年後、数十年後まで見据えた経営計画があり、その経営計画に沿って、環境や時代に柔軟に対応していき、進んでいくのです。

人生に例えると、経営理念が信念であり、経営計画が、夢や目標になります。

つまりこの言葉には、自分の人生の夢や目標に向かって、信念をもって進めという事です。

自分の人生を自分でコントロール出来ていますか?

他人や環境にばかり左右されていませんか?

行きたいところ、夢や目標は決めて人生を進めていますか?

会社の行きたいところが決まっていないと、会社は成長していきません。

停滞は衰退です。

夢や目標もなくただ1日に1日を過ごしていませんか?

時間は有限です。何をしてても時間は過ぎいつかは果てる時が来るのです。

それならば、人生という会社のCEOになり、楽しく、ワクワクして人生を経営してください。

会社は、求められるから存続するのです。

需要があるから経営が成り立つのです。

お客様から支えてもらっているのです。

人生も支えてくれる人がいるからくじけずに成長することが出来るのです。

そんな人生の支援者、親であったり、家族であったり、恩師であったり、そんな支えてくれる人の為に生きる。それが人生のCEOです。

せっかく生まれ持って与えられた人生のCEOという肩書、しっかり受け止めて、人生を自分決断し、支えてくれる人の為に生きて、人生をワクワクしながら成長し、人生を経営していきましょう!

経営理念=信念、経営計画=夢や目標

最後までお読みいただきありがとうございました。

今日も最幸の1日になりました(*^^)v