現代では、スマホやタブレット、パソコンなど視覚機能をあまり使わずとも、狭い視野の中ででも不便なく過ごせる時代となりました。

その為、眼を動かさなくなり、眼の周りにある6つの筋肉、外眼筋を動かすことが減りました。

外眼筋を動かすことが減り、視野、眼球可動域の減少、調節の負担が重くのしかかり、そもそもの視機能が衰えてしまってきているのです。

眼の働きは、そもそも成長期において、外での遊びを通じて無意識に鍛えられているものでした。

外で遊ぶことで色んなものを見たり、色んなものを視野でとらえ見るためにピントを合わせたり、ものとの距離感を調整したり、多くの視覚情報を一瞬で判断したりと、外で遊ぶことは情報が多く、その情報を見て取り入れる際に多くの視覚機能を使う事で鍛えていました。

そしてそれは五感が育つ幼少期の子供にとって眼を動かさい事は、情緒・知能の発達に大きな影響が出てしまったいるのです。

皆さんはきれいに字が書けますか?

皆さんは泳げますか?

皆さんは英語を話せますか?

もし字をきれいに書きたいとなった場合は、習字教室に通ったりします。

泳ぎたいとなると、スイミングスクールに通います。

英語を話したければ、英語教室通うかもしれません。

このようにして、出来ないことをやりたいとなると、何かしらの専門的に教えてくれるところに行って習うのです。もしくは独学で何度も何度も練習して習得するのです。

つまり眼も使わなくなることで、外眼筋が衰えてきているため色んな視覚機能も衰えて来ており、それを補うために、眼をトレーニングする必要が出て来ているのです。

もっと運動能力を向上したい。

身体のバランスを整えたい。

肩こりを治したい。

集中力を持続したい。

部屋をきれいにしたい。

と思う時は、眼のトレーニング、メンタルビジョントレーニングをして視覚機能を鍛える必要があるのです。

まずはメンタルビジョントレーニングの体験コースに参加して見てください。

メンタルビジョントレーニングを行い、視覚機能を鍛え、衰えている機能を復活させ色んな機能を向上させて夢や目標を叶えて行きましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。

今日も最幸の1日になりました(*^^)v