メンタル

【№128】自己肯定感を高める

自己肯定感とは、自分の存在を自分自身で認めることが出来る気持ちの事です。

例えば、自分の事が好きで、自分を信じれる人は自己肯定感が高いと言えます。逆に自分に自信がない等、自分を信じれない人は自己肯定感が低い人となります。

ではどんな時に自己肯定感が必要となるのでしょうか?

それは苦しい時や辛い時、ここを乗り越えないといけない時等、一つ前に進もうとするときに必要となってきます。

前に一歩進まなくてはいけない時に自己肯定感が低いと、自分では無理だとか、自分にはできるわけがないという事になり、その事から逃げてしまいます。

では自己肯定感を高めるにはどうすればよいのか?

自己肯定感を高めるには、自分に自信を持つ事が必要となります。

自分に自信をもつ???

それは、自分が何かに挑戦してやり遂げたという経験を積むことで、それが自信となります。

でもやり遂げたとか聞くと、そんな大きなことをやり遂げる自信がまずないよ。となるのですが、やり遂げる事は、大きくなくていいです。

例えば出来る小さなことからやる事です。

朝早く起きるでもいいし、毎日勉強を1ページやるでもいいし、誰かに「ありがとう」と言われることを必ず1回やるとかでもいいです。

まずは、自分がちょっと頑張れば出来る小さなことを継続する事で、それをやり抜くことで、自分の自信へと変わるのです。

自己肯定感を高めるには、小さな成功に挑戦し、小さな成功を繰り返し、小さな自信をつける事です。

まずは歩を進めるためには、小さなことに挑戦してみましょう!

そして自己肯定感を高め、夢や目標を叶えて行きましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。

今日も最幸の1日にしよう(*^^)v