脳には、3つの特徴があります。

①脳はイメージを実現しようとする。

②人間は、無意識にマイナスのイメージを行っている。

③イメージと現実を区別できない。

一つ目の、脳はイメージを実現しようとするは、必ず人の行動にはイメージが先にあります。

「階段を下りる」「朝ご飯を食べる」など、行動のする前にイメージを作り、それを実現するために、体にどう動くか指令をだしています。

つまり人間の行動には、先にイメージがあり、それを実現しようとして脳に指令を出しているのです。

二つ目の、人間は無意識にマイナスのイメージを行っているは、人間は1日に7万回も思考していると言われており、そのうちの殆どがマイナスのイメージになります。

その為人間は、無意識ではマイナスのイメージトレーニングを常に行っていることになり、記憶データにどんどんマイナスのデータが無意識に蓄積されていくのです。

その為、意識してプラスのイメージを行う癖をつける必要があります。

三つ目の、イメージと現実を区別できないは、マイナスの思考になったり、否定的な事を思っただけで、脳は否定的な経験をしてしまったのと同じになります。

つまりは脳は、現実に起こっている事と、イメージを区別できないのです。

この三つの脳の特徴を逆に利用します。

夢や目標を叶える為に、まずは行動の前にイメージを先に作る事で、夢や目標に向かっての行動がしやすくなるのです。

意識的にプラスのイメージを行うトレーニングを行い、プラス思考にして夢や目標を実現するのです。

夢や目標を叶った事をイメージすることで、脳が叶った事を現実を勘違いして、記憶データに蓄積されるのです。

これらの脳の三つの特徴を利用することで、夢や目標を意図も簡単に叶えてしまうのです。

脳の三つの特徴を利用して夢や目標を叶えましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。

今日も最幸の1日になりました(*^^)v