今日からは、メンタルビジョントレーニングについてお話していきます。

静止視力とは、なにか?

静止視力とは、簡単に言うと、通常の視力の事です。

自分も指標も静止した状態で指標を見極める能力の事で、一般的に視力というと、静止視力のこと言います。

学校や免許更新の時に測定されるのがこれに当たります。

静止視力は、周りが明るいと良くなります。

他の視機能が良くても静止視力が悪ければ、目標物がはっきりせずスポーツでは不利になります。

また静止視力が弱くなると、動体視力や深視力が不十分になり、動いているものの正確な見極めが出来なくなり、物体との距離感が鈍ります。

この静止視力は、トレーニングで向上、回復が出来ない為、物理的な矯正、メガネやコンタクトを用いて回復させるのが一般的です。

現在では、小学校などでは正確な視力検査が減っているようで、ABC判定となっており、自分の視力がいくつなのか調べるには、メガネ屋さんや眼科に行かなくてはいけなくなっているようです。

私たちが小さい時は、2.0、1.5.0.8等細かく視力検査が出ており、常に1.5でしたが、加齢とともに視力が落ちてきました(゜o゜)

視力が落ちると回復する事が大変なので、静止視力(視力)は落ちないように気を付けましょう!

目と脳は繋がっており、目からの情報が8割です。

メンタルビジョントレーニングは、色々なスポーツに密接にかかわっています。

欧米では資格化され、プロスポーツ、プロ選手に多く取り入れられています。

日本はまだまだ認知度が低いですが、数多くの実績が出ております。

この機会にメンタルビジョントレーニングに取り組んで見ませんか?

メンタルビジョントレーニングを使って夢や目標を叶えましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

今日も最幸の1日になりました!(*^^)v