試合での大事な場面や、仕事での重要な商談の時、試験の時などどうしても緊張してしまうという方もいると思います。

そういったときはどうすれば緊張状態を緩和できるか、方法をお伝えします。

その前に決して緊張状態が悪いという事ではありません。逆に適度な緊張状態は、ベストパフォーマンスをするには必要な状態なのです。ただ緊張しすぎる過緊張の状態になると、筋肉が硬直してしまったり、頭が真っ白になってしまったりと、実力を発揮できな状態になってしまうのです。

まず過緊張の状態とはどのような状態かというと、これは交感神経が活性化されている状態で、交感神経が優位な状態です。逆にリラックスしている状態とは、副交感神経が優位な状態の事です。

では交感神経が優位な状態になる時の体の状態とは、息を吸うことで交感神経が優位になっており、逆に副交感神経が優位になる時の体の状態とは、息を吐くことでです。

呼吸は、自律神経の中でも心臓の動きなどとは違い、唯一意識的コントロール出来る器官です。そのコントロールできる呼吸を利用して過緊張状態を緩和します。

ではどのようにするかというと、過緊張状態の時は、息を吐くことを意識します。息を吸う事よりも吐くことを意識することで、副交感神経を優位にして、過緊張状態を緩和することが出来るのです。

よく緊張しすぎて過呼吸になるという事が聞かれる時がありますが、これはまさしく息を吸いすぎており、息が出来ないと錯覚を起こしている状態なのです。

緊張する場面は、生きていれば当たり前のように出くわします。でも過緊張の状態を和らげる方法さえ知っていれば、いつのような時が来ても対処できベストなパフォーマンスをすることが出来るようになります。

是非常にベストパフォーマンスを発揮して夢叶えてみませんか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

JADA(日本能力開発分析)協会認定 SBT1級コーチ https://www.sanri.co.jp/                         予祝講師https://yoshuku.jp/                                SBT3級ライセンス講座 SBT2級ライセンス講座、予祝の7つの力、予祝アドバンス講座、予祝ベーシック講座を随時開催していきますので、興味のある方は、下記のアドレスまでご連絡ください。                      nh_sbt_k1@yahoo.co.jp