【№94】

現代の子供たちは、跳び箱を飛べなくなってきているそうです。

先日娘の学習発表会で、発表の1コマに跳び箱を飛ぶのがありました。

するとあるクラスは、生徒の1/3が跳び箱を飛べないじゃありませんか!

私たちが小さい時も飛べない子はいましたが、数人レベルだっと記憶しています。

しかも人数は圧倒的に昔の方が多いのに、現代は、少ない人数のその内の1/3は跳び箱を飛べないという事実に少し衝撃的でした!

ではなぜ現代の子は跳び箱を飛べないのでしょうか?

もちろん体力的な所もありますが、一つの要因として、眼が考えれます。

眼は見える物とのピントを合わせたり、遠くを見たりと色々な運動をしていますが、その中の目と体の協応という部分で、現代の子は劣ってきていると考えられます。

眼で見た情報を脳へ送り、処理し、体に動かす指令をだしますが、現代の子はその眼を動かす筋肉を動かす回数が減った為、眼と体の協応がうまく行かず、距離感アがつかめなかったり、恐怖心を覚え跳び箱が飛べなくなっています。

現代は、スマホやタブレット、TV等、1点を見続ける事が多くなっているために、眼を支えている外眼筋が鍛えられず、そのような事になっていると考えられます。

ではどうするば良いのか。

まずは、眼の体操を行う事です。

眼の体操を行う事で、眼球の動きがスムーズになることで、眼からの情報が脳に入り、脳から体への神経伝達があり、体が思い通りに動くのです。

こうすることで、現代の子供たちは体力低下と呼ばれますが、実際に全てそうではなく、眼球運動のお捉えが理由でもあります。

その為、眼球運動を毎日数分行う事で、より達成に近づきます。

眼球運動をスムーズに行い、眼の筋肉をほぐし、鍛え、眼と体の協応の能力を高めましょう!

そうすることで、運動能力のアップに繋がります。

メンタルビジョントレーニングでは、このような眼のトレーニングを行っています。

ご興味のある方はご連絡ください。

最後までお読み頂きありがとうございます。

今日も最幸の1日になりました(*^^)v