【№91】

何事にもベストコンディションで臨むことが、良い結果に繋がる第一歩となります。

ではベストコンディションに持って行くには何が必要か?

一つとして睡眠があります。

睡眠がしっかりとれていないと、ベストコンディションに持って行けないことがあります。

ベストコンディションの妨げになるのが、睡眠障害です。

睡眠障害にはいくつかあります。

入眠障害=寝ようとして30分以上寝れない。

中途覚醒=夜中に何度も起きる

早朝覚醒=起きる時間の2時間以上前に起きる事が続く

熟睡障害=寝た気がしない

過眠=昼間に強い眠気に襲われる

などなど。

これらに当てはまる人はいませんか?

当てはまれば睡眠障害かもしれません!

これらはどれも、起きてもすっきりしない状態となり、ベストコンディションとは言いにくいです。

ではこれらを改善するにはどうすればよいのか?

対応策として、寝具の選定、就寝前の過ごし方の見直し、体内時計のリセット、不眠に効果のあるレタスなどを食する、医療機関をうまく使うなどがあります。

そして快眠に必要なものとしてメラトニンがあります。

メラトニンは、睡眠ホルモンの一種です。

メラトニンが分泌されると副交感神経系が優位になり、「脈拍」「体温」「血圧」などが低下して、脳が睡眠の準備が出来たと認識し、自然と眠りに就くことができます。

メラトニンは日中作られたセロトニンを原料として、夕方から分泌されます。

その為、セロトニン不足→メラトニン不足→睡眠不足→うつ状態のように、なることもあります。

ベストはやはり夜にしっかり睡眠をとることです。

ではそのセロトニンを増やす方法はどういうものがあるか。

太陽光を浴びる、腸のケア、スキンシップ、ヨガ、メロディーのない音楽を聞く、トリプトファンを多く含む食品の摂取などです。

トリプトファンはセロトニンの原料となります。

良い結果=ベストコンディションでもありますので、是非睡眠にも気を使って見てください。

しっかり質の良い睡眠を心がけ、夢や目標を叶えて行きましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。

今日も最幸の1日なりました(*^^)v