夢や目標を実現するための方法、今日はその4回目です。

1回目、夢を持つ、

2回目、夢を書く、

3回目、夢を語るでした。

そして4回目は、「夢を描く」です。

人間は五感から得る情報より、反応や行動を起こします。

そしてその行動が現実の世界を作っています。

五感とは、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚ですが、これら五感から得る情報量には偏りがあります。

その偏りは、視覚83%、聴覚11%、嗅覚3%、触覚1.5%、味覚1%という調査結果があります。

つまり人間の得る情報の殆どが、視覚からの情報であり、この視覚からの情報で、現実を作る、つまり夢や目標を実現する、現実を作るのです。

夢を書くことで、脳に記憶させることも必要ですが、より夢や目標を鮮明なイメージとして脳に記憶させるには、写真や絵などビジュアル化しておくことが重要です。

またそのビジュアル化したイメージを壁に貼ったり、スマホの待ち受け画面にしたりして常に見れる状態にしておくことで、潜在意識に深く記憶されます。

脳はイメージしたことを実現しようとする働きがありますので、イメージをより深く、鮮明にイメージしたことを実現させようとして、夢や目標が叶うのです。

夢や目標を描いて、夢や目標を叶えましょう!!(#^^#)

最後までお読み頂きありがとうございました。

今日も最幸の1日なりました!(*^^)v