メンタル

会話の重要性!

会話て何か分かりますか?

会話と対話の違いは分かりますか?

会話とは、二人以上の人と話すことをいい、対話は双方向かい合って話すということで、二人で話すということを意味するそうです。対話の場合は、どちらかというと、他愛もない話というよりも何か目的や、議題について話すという感じです。逆に会話は、他愛もない話も含みます。

仕事で、部下にあの案件どうなったや、練習で監督から選手にあのプレーについてどう思うなど、何かしら言葉の中に意図するキーワードが入っている話をする、話しを振るのは対話です。この対話の際に、聞かれた側が、喋らない、回答しない、素っ気無い態度で回答されるなどする場面ってありませんか?

これは、なぜそのようなことになるかというと脳が話を振ってきた人との対話で脳が快にならないからです!具体的に言うと、その人を話したくない、話すのが面倒、嫌いなど、ネガティブな感情、脳が不快に入ってしまっているのです。

ではどうやって脳を快にして、対話を成立させるかというと、対話をする前に、会話が重要なのです。普段からの会話、他愛もない話、家族の話、趣味の話、昨日のテレビの話、芸能人話、ニュースの事など、どうでもいい会話を積み上げて行くことで、信用されるようになり、この人と会話するのが楽しい、面白い等、プラスの感情が芽生えてきて、脳が快に入り、対話をするときもしっかりとした回答、対話が成立することになります。

私がある職場で失敗したのもここでした。仕事なので、必要最低限の報連相のみで良いと考え、会話を疎かにしていたために、部下に信用されず、仕事がうまくいかない。という状態になったことがありました。その時は何が原因かわからず、部下を責めてしまっていましたが、本当の責任は自分にあったのです。

それほど会話は重要なのです。今対話で困っている人がいれば、まずは会話から行ってみてはいかがでしょうか。

特に立場が上の人は積極的に部下と会話するのは大切です。

会話を増やして、コミュニケーション能力をレベルアップし、夢叶えてみませんか?

最後までお読みいただきありがとうございました!

JADA(日本能力開発分析)協会認定 SBT1級コーチ            SBT3級ライセンス講座 SBT2級ライセンス講座を随時開催していきますので、興味のある方ご連絡下さい。 nh_sbt_k1@yahoo.co.jp