【№72】

色々な場面でイメージトレーニングは有効です。

特にスポーツの世界では事前にイメージトレーニングを行う事で、本番での好成績に繋がることが多々あります。

ではイメージトレーニングはどうやって行えばよいのか。

イメージトレーニングでは、本番での自分の良い結果や良いイメージを頭の中でイメージするわけで、頭の中で試合などの本番を経験してしまうという事です。

一度頭の中で経験してしまうと、同じ出来事が起こった時に脳は経験したことを記憶しているため、その経験した状況を再度行おうと動き出します。

そうすることで、イメージトレーニングをした状況と同じ状況になるのです。

でもそのイメージトレーニングを行う上での注意点が3つあります。

1つめは、イメージトレーニングは、 「こうなりたいな」「ああなれたらいいな」といったようになりたい自分をイメージするわけですが、それだけですと単なる願望でしかありません。

願望は、願いでありそれには諦めも含んでいるため、実現の可能性は低くなります。

ではどうするかというと、実現する強い意志が必要で、その為には、「こうなりたいな」ではなく、「こうなる!」や、「ああなれたらいいな」ではなく、「ああなる!」というように、未来の事ではなく、現実のイメージを持ってイメージトレーニングをすることが必要です。

現実のイメージをすることで、すでに望む結果を実現した状態、実現しつつある状態をイメージすることが出来、それが本番の結果へと結びつくのです!

明日は注意点の2点目をお話させていただきます。

実現力を持った現実のイメージをイメージトレーニングで行う事で、夢や目標を叶えて行きましょう!!

最後までお読みいただきありがとうございました。

今日も最幸の1日なりました(*^^)v