メンタル

【№356】一番大切な気持ち

子供は正直なので、自分の興味のある事にはやる気があり、何度間違えても、失敗しても続けようとします。

大人になると興味のない事でもやらなければいけない事もあるので、我慢してやります。

でも自分の興味のある事もやりたいという気持ちがあるので、自分のやりたい事とやらなければいけない事が、例えば半分半分ぐらいでバランスがとれていれば、やらなければいけない事も我慢し続ける事も出来ます。

でもこのバランスが崩れ出して、やらなければいけない事、やりたくない事が増えていくと、それがストレスになり色んな所に支障が出てくる場合があります。

では興味のある事、楽しい事を出来る人生だったらどうでしょうか?

恐らく人生が楽しくてしょうがない。毎日がワクワクする。1日1日がもったいない。もっと時間がほしいとなると思います。

恐らくこれが理想の生き方だと思います。

この理想の生き方をするのに必要な感情は?と言われると、何度も書いていますが、楽しい、嬉しい、ワクワクするという感情、気持ちなんです。

人間に必要なのはこの気持ちなんです。

これがあれば、なんでも出来るし、どんなことでも乗り越えていくのです。

つまり楽しいとかワクワクするとか、嬉しい事は、人間の原動力となるものなんです。

この気持ちが感情があると、実を言うと勝手に考え方、捉え方も変わってくるのです。

例えば、ゲームが楽しい子供は、ゲームが中々クリア出来なくても、楽しいので何度も何度もボスに挑戦し、最後は倒します。これが楽しくないゲームだったら、一度負けたら、このゲームおもしろくない。や~めた。となるのです。

大人の場合であれば、例えば、仕事やらされている感じだとすると、自分の仕事量が多く、どんどん仕事が溜まっていくと、もう無理とか、絶対できないとかなってくると思います。

でもこれが好きな仕事であれば、やったー!こんなに仕事が来た。こんなに儲かる。給料が上がる。売り上げが上がる。仕事楽しい!となるのです。

つまり楽しい事やワクワクする事、嬉しい事という気持ちが人間を動かし、そして考え方も変えるのです。

もう一つ変わるものがあります。

それは体調です。

例えば、子供の場合、楽しみにしていた遠足の前日に熱が出てしまっても、次の日になると熱が下がったりします。

嫌々仕事している人は、仕事と聞くだけで、気持ちが落ちてしまったり、日曜日の夕方になると憂鬱な気持ちになります。

でもどうしてもやりたい仕事、やり遂げたい仕事であれば、時間も関係なくやりますし、本当は体調が悪くても、気持ちが体調をコントロールし、本番だけは気力で乗り越えたりも出来ます。

気持ちや感情というのは、凄く人間の生き方に密接に関係しており、なんならこの気持ちや感情を変えるだけで、色んな事を変えることが出来るんです。

一番大切な気持ちは、楽しい、ワクワク、嬉しいという気持ちです。

そこに重点を置き、毎日を過ごすことで、夢や目標も叶って行きます。

最後までお読み頂きありがとうございました。

今日も最幸の1日になりました(*^^)v

楽成感