メンタル

【№338】面白くないのが努力!

努力しろ!

努力が成功の秘訣!

努力しないから結果が出ないんだ!

と仰る指導者を見かけたりしますが、何をもって努力と言っているのでしょうか?

皆さんにとって努力とは、何をさしますでしょうか。

実は、偉大な選手、成功した人、結果を残す人は、人より練習するし、誰よりもその事に対してハングリーです。

でも一つ言えることは、自分の行っている事、例えば自主練習であったり、家に帰ってからの復習であったり、夜遅くまで残っての研究であったり、それらは全て努力という言葉でも現せますが、本人たちにとっては、努力と思っていないのです。

大谷選手の言葉にこういうものがあります。

「自分がやりたいと思っている練習であれば努力と思っていない」

自分が自発的に行う事、練習であれ、行動であれ、それは全て努力ではない。成功の為のプロセスなだけなんです。

努力とは、人に言われてやる事、面白くない事が努力なんです。

自発的にやる事は、これをやればホームランを打てる、行きたい大学に受かる、仕事で契約が取れるなど、ワクワクする感情がついて来るので、辛いとか、大変だとか思わず、その後のワクワクが楽しくて、努力だと思わないのです。

つまり面白くないのが努力で、面白いもの、ワクワクする事は努力じゃないのです。

第三者から見たらそれは努力だよと言われるかもしれませんが、自分にとっては努力ではなく、好きでやっている、楽しくてやっている、ワクワクするからやっている。そう思えた時、夢や目標実現に大きく近づいた瞬間です。

偉大な選手、成功した起業家、有名は研究者などは、みんな好きでやっており、努力を努力と思っていないのです。

ここが成功の秘訣なんです。

仕事で「お疲れ様です」という言葉を使う事は日常にされていると思いますが、私の働いていた会社では「お疲れ様です」は禁止でした。

理由は、「お疲れ様です」は疲れた人に言う言葉で、疲れていない人に言うのは失礼。だってその人が疲れていると見ているから「お疲れ様です」というのですから。

経営者であればもちろん、伸びる会社は社員がその仕事を好きで、やりたくてやっている会社なので、疲れる事はなく、逆に楽しいのに、そこに「お疲れ様です」はおかしいという事で禁止でした。

確かになんにでもそうですが、好きな事に対しては、時間を忘れて没頭できます。

それが成功者の秘訣なんです。

自分のやりたい事、自分の好きな事を仕事にすることで、大変な事、辛い事もそれは努力ではなくなり、そう思えた時、それは大きな一歩となるのです。

好きな事に没頭して夢や目標を実現して行きましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

今日も最幸の一日になりました(*^^)v

楽成感