メンタル

【№330】人間天気予報!

ずーっと雨が続いています。

梅雨なので仕方がないのですが。

雨の日が嫌いっていう人、多いですよね。

でも私は雨の日が嫌いではありません。

なんか気持ちが落ち着く時もあり、ボーっと雨を見ている事が心地よい時があります。

でも雨の日が嫌いっていう人は、雨が降っている事で気持ちが沈んでしまったり、あんまりなにもやる気が起こらなかったり、体に不調が出たりで嫌だという人がいます。

私の妻なんかそうです。

私の妻は人間天気予報です。

あっ、今日は頭が重い、頭痛がするから雨降るわ。

て言ったら本当に雨が降るのです。

凄くないですか!?

これにはちゃんと理由があるのです。

雨が降るという事は、低気圧が通過するため、気圧が下がり、体に色んな不調が出る人がいるそうで、妻はそれが頭痛に出るのです。

頭痛は嫌ですが、ある意味すごいです!

雨の日に気持ちが沈んでしまう人は、雨に良い印象がないため気持ちが沈んでしまうのです。

雨=濡れる=外で遊べない=じめじめする。等々雨に対するイメージが悪いとそのイメージが先に出て来て気持ちが沈んでしまうのです。

でもそんな気持ちが沈んだ場合でも気持ちを上げる方法があります。

それは、元気になる、気合が入る

言葉

を言い、

動作

をすることです。

言葉とは、「やるぞ!」とか「出来る」とか「よっしゃー」とか「楽しい!」など気持ちが上がるプラスの言葉言う事です。

動作は、「ガッツポーズ」とか「手を叩く」とか「一瞬力を入れる」とか「ジャンプする」とか、勢いをつける動作を行う事です。

このプラスの言葉と勢いをつける動作を行う事で、一瞬で下がっている、沈んでいる気持ちをもとに戻す、気持ちを上げることが出来るのです。

雨の日は、朝起きたら、家を出る時、仕事の途中でもいいので、このプラスの言葉と勢いをつける動作で、気持ちを上げて、雨の日を楽しんで行きましょう。

雨音には、リラクゼーション効果もあると言われており、雨に対してプラスのイメージを持つ事も雨の日を乗り切る方法です。

雨の日があまり好きではない人は、プラスの言葉と動作で気合を入れてその日を乗り越えて行きましょう!

必ず晴れの日は来ます!!

雨の日も夢や目標を常に意識して、実現に向けて前に進みましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。

今日も最幸の1日になりました(*^^)v

楽成感