夢や目標を持ちなさい!

あなたの夢は何ですか?

目標を持って取り組んでいますか?

このようにして夢や目標について聞かれたり、夢や目標を持たなければいけないという感情になると、逆に夢や目標に対して拒否、夢や目標に対して義務感を感じてしまい、夢や目標を持てなくなります。

そして無理やり持とうとするとそれは最初から叶わないという意識のもと、持った諦めの夢や目標になってしまい意味のないものになります。

そしてさらには夢や目標に対して、やらなければいけない、無理やり持たされた、出来るわけないという否定的な感情が結びつき、マイナス記憶として脳に記憶されてしまうのです。

そうなると夢や目標と聞くだけでそのマイナス記憶が呼び起こされ、マイナスの反応をしてしまい、叶わないとなるのです。

そうならない為にも夢や目標を持てない人は無理に持たずにまずはこれをやって下さい。

それは

過去の肯定的なイメージ、

過去の成功体験、

過去のワクワクしたこと

を思い起こす事から始めます。

そうする事で、まずその時の嬉しかった、楽しかった、ワクワクした感情を思い出します。

まずは感情をプラスにすることで、夢や目標を持てない、つまり夢や目標に対して良いイメージが持てない、描けない人に、過去の良いイメージを思い出してもらうのです。

夢や目標を持てない人は、失敗体験ばかりを記憶しているので、夢や目標にマイナスなイメージしか持てず、描けないという事になるので、先ずは成功体験を思い出してもらうのです。

そして人間は未来のイメージは描けなくても、過去の経験したことは、既に一度経験しているため、思い出すことが出来れば、それはイメージする事は容易です。

このようにして夢や目標を描けない人は、まずは過去の成功体験を思い出し、イメージしてもらう事で、プラスの感情を再度味わってもらい、夢や目標を実現すると同じような感情になれるという事を味わってもらうのです。

そうする事で、過去の成功体験⇒ワクワク感情⇒夢や目標をイメージとなるのです。

夢や目標を持てない人には、過去を考えるという、夢や目標という未来とは逆の考え方から始める事で、成功を再度味わってもらう事で、夢や目標をイメージしやすくなります。

どうしても夢や目標を描けないという方は、是非過去を思い出す事からやってみてください。

過去の成功体験を思い出し、ワクワク感情を味わい、その感情をもう一度味わうために夢や目標を持ち、実現して行きましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。

今日も最幸の1日になりました(*^^)v

楽成感