夢の叶え方の一つに夢を語るというものがあります。

これは予祝の中にもあるのですが、夢を叶えたい人は、夢を誰かに語る。話すことで、夢がぐっと引き寄せられます。

なぜ夢を語るといいのかというと、夢を語る事で、自分の夢を整理することが出来ます。

漠然と持っている夢だったとしても、誰かに語る事で、話した相手に知ってもらうために説明が必要になって来るので、より具体的に話す事が必要になって来るので、夢の不鮮明な部分が鮮明になってきます。

しかも話された相手は、その夢の分からない所は聞いてきますので、その質問対して答える必要があるので、そこでも夢を明確にすることが出来ます。

そしてもう一つ夢を語る事で大きな効果としてあるのが、夢を語ることで、どうやったら夢が叶うのかという意見をもらうという事です。

これは夢を叶える為の「セカフザ」と呼んでいます。

「世界一ふざけた夢の叶え方」を略して「セカフザ」といいます。

コピーライターのひすいこたろうさんの著書から来ています。

これは夢を語る事で夢実現のために、自分が持っていないアイデアや方法、知識などを知ることが出来ます。

ただ一つ気を付けなければいけないのは、ドリームキラーに夢を話すと、否定的な事ばかり言うので、それは逆効果になってしまうので、そういう人には語る必要はありません。

もし相手がドリームキラーかどうか分からず、話してしまってから気付いたら、さっさとその話は切り替えてバイバイ(@^^)/~~~しましょう。

出来れば同じように夢を持って頑張っている人、夢を叶えたい人、夢に肯定的な人を選んで話すことで、建設的な場になります。

こうやって行った「セカフザ」からは、夢を叶える為のヒントが溢れてきて、ワクワクが増してきます。

そしてさらに夢にワクワクして、また一段とワクワクする夢に変わっていくのです。

夢を語る。

これはなかなかできない事かもしれません。

恥ずかしい。

馬鹿にされたらどうしよう。

うまく伝えれるか心配など、夢を語る為のハードルはいくつもあります。

でもそのハードルは簡単に取り払う事も出来るのです。何故かというと、そのハードルを作っているのは自分だからです。自分が夢を語る。と決めれば、そのハードル取り払われるのです。

夢を叶える為には、夢を語る以上に大変な事は必ず訪れます。夢を語る事で、夢が近付くなんてこれほど簡単な事はないのです。

どうしても心配な方は、最初にリサーチする事をお勧めします。何をリサーチするかというと、その人が夢を持っているか。という事と、夢に対して肯定的かという事です。

この二つを普段の話の中でもいいですし、お酒を呑んでいる時でもいいので、ちらっと聞いてみる事で、その人とセカフザが出来るのか、もしくは人間のお面を被ったドリームキラーなのかが分かります。

そして夢を持っていて、夢に対して肯定的な人であれば、すぐにでもお互いの夢を話してみましょう。

そうすれば夢の実現は必ず進みます。

夢を語る。

それは、夢実現を鮮明にすること。

そして夢実現のためのアイデアや方法知る事でもあるのです。

夢を語って、夢や目標を叶えて行きましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。

今日も最幸の1日になりました(*^^)v