「リフレーミング」という言葉を聞いたこともあるという人もいると思います。

リフレーミングとは、「事実を変えずに、その意味や内容の捉え方を変える事」という事です。

よくある例えとしては、ペットボトルに半分ほど水が入っています。

これを見てなんと思いますか?

という問いに対して、一つは、

ペットボトルに水が半分しか入っていない。

もう一つはペットボトルに水が半分も入っている。

という二通りの見方があるという事です。

前者はペットボトルの空間に着目しており、元々満タンだったはずという前提条件があり、水が少ないという意味合いがあります。

後者は、水の部分に着目しており、元々ペットボトル空の状態であったという前提条件があり、水が入っている。増えているという意味で捉えています。

これはどちらも正解で、着目点が違うので捉え方が違うという例です。

これを色んな所に応用するとその人の見方が分かり、どの程度プラスの考えた方出来るかが分かります。

先ほどのペットボトル話は、後者の方が水に対してプラスに捉えているとなるのです。

これがリフレーミングになります。

これはメンタルトレーニングの中のプラス思考にも通じており、人生においては、色んな局面に遭遇します。

今なんかまさしくそうです。

100年に一度の新型コロナウイルスによって人類は、自由を奪われかかっています。しかも先が見えないという不安、ウイルスという大きな壁にぶつかっています。

こんな時どう考えるか、どう捉えるかで、気持ちやその時の行動が変わり、行動が変わる事で、結果が変わってくる事となります。

今から色んな事と遭遇する事もあると思いますが、そんな時はこのリフレーミングを思い出し、その思いや捉え方を変える事で、自分にプラスにして行くことで今後の成長に繋がります。

失敗は、学びの機会!

逆境は、成長の機会!

挫折は、出会いの機会!

是非このようにして、失敗を恐れず、逆境へ立ち向かい、挫折乗り越えていき、夢や目標を叶えて行きましょう!!

最後までお読み頂きありがとうございました。

今日も最幸の1日になりました(*^^)v