メンタル

【№157】予祝!

「予祝」という言葉をご存知でしょうか?

「予祝」とは、辞書にも出ている言葉なんです。

辞書にも出ていることから「予祝」は日本の歴史と深い関係があります。

予祝は最古の歴史書の、古事記にも記載されています。

ではこの「予祝」ですが、どういう意味かというと、「夢が叶っている所を前もって喜び、先にお祝いする事で、実現を引き寄せるという日本人が昔からやっている夢の叶え方、前祝」になります。

予祝をすることで、夢が叶うのです。

その叶え方は、前もって喜ぶ事で、叶えたい夢の実現を引き寄せるという事なんです。

この夢が叶う予祝ですが、皆さんがよくご存じの春に行う「お花見」が予祝になります。

「お花見」の本来の意味は、昔の日本人の夢は、生きて行くためにお米が必要であり、そのお米が豊作になる為の稲穂がたわわに実ることが夢でした。

そのたわわに実る稲穂を満開の桜に見立てて、収穫の秋ではなく、春に豊作を先に祝う事で、その年の豊作を願っていたそれがまさしく予祝なんです!

しかしこの予祝を行う際に注意する点があります。

それは心を喜びで満たして、予祝を行うという事です。

つまり叶うと思って、叶った時のことを本気でイメージして、喜んでお祝い、乾杯などしないと、実現は寄ってこないという事です。

つまり、予祝を行う際は、叶った時のことをイメージして、ワクワクしながら、楽しみながら、喜びながら行う事で、実現を引き寄せるという事なんです。

この予祝は、日常の何気ない事でもいいのです。

トイレが近い人は、いつも通勤時にトイレがいつも満員で待たなくちゃいけなく、ぎりぎりになることが多い。

でも心をワクワクしながら、トイレがしたくなっても、必ずトイレに行くと漏らす前に間に合うんです。という予祝を前もって行うと、必ず漏らす前にトイレが空いてしまうんです。

まずは日常の何気ない事から予祝にチャレンジしてみてください。

そして、2020年の夢や目標が叶うように前もって予祝を行い、2020年の夢や目標を叶えましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。

今日も最幸の1日にしよう(*^^)v