スポーツで何をやってもうまく行く。

仕事も集中出来てはかどる。

試験でも力を発揮できる。

こんな経験ありませんか?

もちろんその為に辛い練習を耐えて来た、努力をしてきたために、このような結果が得られるのですが、毎回そのような状態というわけにはいきません。

でもプレッシャーに負けない、集中が続くゾーン状態に入れる方法があります。

ゾーン状態に入れるために必要なのは、集中と緊張の2つです。

この2つの内、集中をするために必要なのが、脳です。

どんな時でも集中を妨げる、環境や状態があるはずです。

でもそんなことに構うことなく、そんなことを気にすることなく、ゾーン状態に入れるには、脳を鍛える必要があるのです。

そのトレーニングは、動きと思考をバラバラにするトレーニングです。

例えば、トレーニング中に計算を行うなど、トレーニングしながら、脳を使うのです。

こうやって脳にあるワーキングメモリーを鍛える事で、周りの環境やその時の状態に関係なく集中できるようになるのです。

スポーツで好結果を残すゾーン状態に入れたい。

周りの環境を気にすることなく、目の前の仕事や試験に集中したい。

という方は、このワーキングメモリーを鍛えるトレーニングを行うようにして見てください。

ワーキングメモリーを鍛えて、集中状態を作り出し、何事もうまく行くゾーンに入れ、夢や目標を叶えて行きましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

今日も最幸の1日にしよう(*^^)v