夢と目標の違いは?

そう聞かれたらなんと答えますか。

夢は、子供の頃描いていたもの。叶えるのが難しいもの。遠いもの。大きいもの。

目標は、達成するための道しるべ。達成したい事。夢よりは近い事。小さい事。

などなど。

色々な解釈があると思います。

しかもどれも間違いではないと思います。

ちなみに夢や目標を持って普段生活をしている人はどのぐらいいるのでしょうか。

皆さん日々の生活や子育てに追われ、中々夢や目標を持って意識して生活できている人は少ないのではないのでしょうか。

是非日々の生活の中で少しでも夢や目標を持って生活して、それを叶える、達成する事で、今より充実した生活が送れますので、その少しでもお手伝いができるように、夢と目標の解釈の違いをお伝えさせて頂きます。

夢とは、今の現状、実力は関係ありません。出来る出来ないも関係ありません。その夢を考えるとワクワクする事が夢になります。

夢は自由に描けます。どんな人にも描けない夢はありません。夢は自由であり、どんな非常識な事でも描けるのが夢です。

目標は、今の現状、実力を考え、少し頑張れば達成できることです。目標は夢への階段です。一歩一歩目標を叶えることで夢へ近づくことが出来ます。

もちろん目標も掲げるのは自由です。ただ目標を掲げるという事はその先に夢、もしくは目的があるはずです。その達成のために、段階的な通過点となるのが目標です。

例えば、プロ野球選手になるという夢がを描いているのであれば、その子が高校生であれば、目標はまず甲子園出場となるのです。

将来医者になってあらゆる病気を治したいという夢があるのであれば、まずはクラスで成績がトップ3に入る、そして医科大に合格して医学を学ぶがそれぞれ目標になるのです。

将来お菓子屋さんになりたいという子がいれば、散らかっているお店はないので、まずは毎日部屋を整理整頓する。お菓子作りが学べる学校に入る為に、毎日宿題をやる。これが目標になります。

ここでの注意点は、目標は少し頑張れば達成出来る事と言いましたが、その通りで夢は自由ですが、目標は、届かない目標にすると無理だとか出来ないとか、諦めの感情になってしまうので、小さな目標から掲げるのがコツです。

そこで小さな目標を達成する癖がつけば、少しづつ大きな目標にしてもやる気を継続できるようになります。

まずは、ご紹介した夢と目標の違いを参考に、自分の夢と目標を確認してください。

もし夢や目標を持っていない方は、この機会に夢や目標を持って見てください。

夢を持つ事は自由です。目標も大きくなくていいです。

まずは夢を描き、そして一つ一つ目標をクリアして夢へ近づきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございます。

今日も最幸の1日にしよう(*^^)v