メンタルビジョン

【№106】アイパターン(左)!

前回は、アイパターンの右側を向いた時の状態を紹介しましたが、今回は左側です。

①左上に眼球が動くとき

過去のイメージ、過去に見た光景や過去の映像を思い出している時です。

素直に答える時は、過去に経験した記憶を引っ張り出して反射的に答えるのでイメージ脳と呼ばれる右脳が動きます。

右脳は左半身を支配しているので、この時は左上に眼球が動きます。

②左水平横に動くとき

過去の音や音声を思い出す時、動く方向です。

過去に聞いた人の声や物音、過去の会話の内容などを思い出しているときに向きます。

③左下に動くとき

自分の中で、言語的に思考を働かせている時に左下に動きます。

心の中で復唱したり、自己対話したり、何か言葉を探そうとしている時、心の中で一人ごことを言っている時に左下に動きます。

このようにして人の動く視線の方向にはパターンがあります。

これをアイパターンと呼びます。

アイパターンを知識として持っておくことで、その時の心理状態が分かることになります。

つまり心と眼は密接に繋がっているのです。

アイパターンの動く方向には意味がありますが、その方向を向くときの眼球運動が弱い等、向きにくい時は、それが弱点にもなります。

アイパターンを駆使して自分の弱点を克服して、夢や目標を叶えて行きましょう

最後までお読みいただきありがとうございました。

今日も最幸の1日になりました(*^^)v