【№83】

最近、感動して涙を流しましたか??

現代社会では、感動出来ない人が増えているそうです。

感動というと、

あるスポーツの場面で感動して泣いた。

映画を見て、本を読んで感動した。等、その出来事に対して感情が入り、涙を流すことが感動です。

この感動の涙を流すことが実を言うと体には良いことなのです。

この感動した時に流れる涙は、情動の涙で、ストレスを軽減するリラクセーション効果があると言われています。

つまり感動の涙を良く流す人は、ストレスに強くなるのです。

この感動できる力を感動力といいます。

ではこの感動力を高めるとどんな良いことがあるかというと、感動力は物事に対してプラスに捉えることが出来る、つまり物事のプラス側面を見ることで、視野を変えることが出来ます。

そして感動が出来る事で、適切なホルモンが体内に分泌されるように、先ほど述べたように、ストレスが軽減されたり、体調を維持することが出来たりします。

逆に感動できない人=無感動の人は、何に対しても心が動かない為、適切なホルモンが分泌されず、体調を維持することが困難になる可能性があります。

また感動力は、高める事で、普段の何気ないことでも感動できるようになっていきます。そしてその感動が、自分への力に変わってくるのです。

道端に咲いている小さな花を見て、こんな所でも頑張って咲いている花があるのだから、自分はもっと恵まれている頑張ろうといったように、日常の小さなことにも感動できるようになり、自分の思考をプラスに変えることが出来るのです。

このようにして、感動、感謝をすることで、周りの環境を肯定的にとらえることが出来るようになり、逆境や壁にぶちあった場面でも、周りの環境のせいにしたり、誰かのせいにしたりなどせず、諦めずチャレンジし続ける事が出来るようになります!

バーンアウト=諦めの状態を防ぐためにも、まずは感動力を高める事を実践していきましょう!

そして感動力を高める事で、チャレンジし続け、夢や目標を叶えて行きましょう!!

最後までお読み頂きありがとうございました。

今日も最幸の1日になりました(*^^)v