【№85】

私たち人間は欲求を満たすために、行動します。

この欲求は、脳で「快」の反応を得るために行動します。

この脳で「快」の反応を得た時、分泌されるホルモンがドーパミンです。

例えば、私たちはすごく楽しい事があったらそれをまたしたくなります。

とても美味しい食べ物屋さんがあったらまた行きたくなります。

これは全て脳が、その行動に「快」の反応をして、ドーパミンが分泌されているのです。

このように欲求が満たされそうになった時、満たされた時分泌されるのがドーパミンです。

その為ドーパミンは、報酬系のホルモンとも呼ばれます。

このドーパミンは、好きな音楽を聴くだけでも分泌されることが分かっています。

好きな音楽を聴く事で、ワクワクすることで分泌されます。

またドーパミンを分泌させるには、たんぱく質が必要なため、豆類や豆料理などのたんぱく質を多く含む食品を摂取すると良いです。

メンタル面からするとドーパミンは、夢や目標に近づくために必要なホルモンです。

夢や目標達成をイメージすると、ワクワク楽しくなります。

この時にドーパミンが分泌され、やる気になるのです。

つまり夢や目標を達成するための途中段階でも、達成がイメージ出来る事で、ドーパミンが分泌され、行動することが出来、その過程を楽しめるのです。

そして夢や目標達成に自ずと近づき達成してしまうのです。

しかし、夢や目標達成のイメージでドーパミンが使われればよいのですが、脳が「快」と判断されると、分泌されるホルモンの為、楽しい誘惑などでもドーパミンは分泌されてしまします。

例えば受験生であれば、勉強よりもTVやゲームを「快」と感じたり、野球の練習よりも、YouTubeを「快」と感じれば、自主練習をするよりもタブレットで動画を見てしまいます。

ダイエットをしている人であれば、甘いものや美味しいものに脳が「快」の反応をするとそれを食べてしまい、目標体重が達成できなくなります。

そうなると夢や目標達成に近づくのは難しくなるのです。

ドーパミンを夢や目標達成に、使用して、夢や目標を叶えて行きましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。

今日も最幸の1日なりました(*^^)v