メンタル

【№385】諦めたとしてもそれは終わりではなく、始まり!

私の夢はプロ野球選手になる事でした。

でもその夢は今から二十数年前に諦めました。

諦めた理由は、病気です。

あの時は人生が全て終わったかのような気持ちでした。

誰よりも朝早く行って練習して、夜も誰よりも残って練習してやっと勝ち取ったレギュラー、最後の夏の大会は、1回戦は出場しましたが、2回戦からは病院のベットの上。

最後の試合も病院のベットの上でした。

その時は全てを恨み、憎み、高校野球を嫌いになりました。

だからこそ、今年コロナで夢破れた人たちの気持ちが人一倍分かります。

あのやるせない気持ち。

目標を失ってしまい、今までの人生が全て無駄だったと感じてしまう気持ち。

絶望感…

そんな人生が終わったと思いつつも、その後立ち直り、今の自分があります。

今でもコロナを憎み、人生を諦めかけたり、何ごとにもやる気が出なかったり、目標を見失っている人たちは沢山いると思います。

そんな人たちに少しでも勇気を与えられるように、あの人生最悪の時から二十年以上経って思う事、私の人生はあそこで終わらなかった事を歳をとったおじさん目線で書かせて頂きます。

タイムアップの笛は、次の試合へのキックオフである

「タイムアップの笛は、次の試合へのキックオフである」

日本サッカー界の父、デッドマール・クラマーの言葉です。

クラマーは日本サッカー界初の外国人コーチであり、サッカー日本代表の基礎を作り、日本サッカーリーグの創設にも尽力したことから日本サッカー界の父と呼ばれた人物です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%BC

何ごとにも終わりはあります。

でも終わってもすべてが終わったのではありません。

終わったは時は、喪失感、絶望感、なにもやる気が起こらない。

自暴自棄状態になっています。

でも終わるという事は、新しい始まりでもあるのです。

想いが強ければ強いほど、失った時の影響は大きいです。

でもそこで全てが終わったわけではありません。

そこからまた新しい事が始まるのです。

タイムアップの笛が聞こえて今の試合が終わっても、それは次の試合のキックオフでもあるのです。

時間は止まる事はありません。

必ず明日は来ます。

どんな明日かは分かりませんが、必ず来ます。

今はそう思えなくても必ず未来は来ます。

成功者程辛い時のことが根底にある

世の中の成功者、偉大な功績を残した人程、辛い時の事を力にしています。

成功する。お金持ちになる。歴史に名を遺す。

こんな成功者達は簡単に成功できたわけではありません。

血の滲むような努力。何度も何度も諦めかけそうになった事。

多くの苦難や逆境を乗り越えたからこそ今の成功があるのです。

逆に言うと大きな苦難や逆境を体験した人程、その後の成功が大きくなる可能性があります。

普通の人が諦めてしまうような、苦難や逆境を乗り越えた、体験した人は、その後に出会った普通の人なら諦めてしまうような大変な事でも、それよりも辛い苦難や逆境を乗り越えているので、簡単に乗り越えてしまうのです。

私もそうでした。

私は成功者でもお金持ちでもありませんが、今の自分があるのは、あの高校時代があったからだと常に思っています。

あれがなければもっと楽な人生、逃げる選択を多くしてきたはずです。

そして今の自分はいなかったはずです。

でもあの時の自分がいたから、今こうして色んな事がありますが、くじけず、諦めず、自分の人生をもっとワクワクする、楽しくするように生きていることが出来ます。

今となってはあの経験が私の財産であり、私の土台となっています。

今は中々現実を受け止めきれないかもしれませんが、必ずこの体験は皆さんの力となり、土台となり、あるいは成功へのスタートになるはずです!

諦めなければ、可能性はある

諦めた時点で可能性は0です。

でも諦めなければ、可能性は0ではないのです。

人間の可能性は無限大なんです。

でもその可能性に蓋をして、限界を作っているのは実を言うと自分なんです。

明日何が起こるか分かりません。

一時間先、一分先、何が起こるか分かりません。

諦めてさえいなければ、奇跡が起こるかもしれません。

でもなぜか出来ない、無理、やめると言って、諦めてしまうのです。

もし好きなら、楽しいなら、ワクワクするなら、諦める事をやめて下さい。

最後、人生の終わりを迎える時に後悔しない為にも、諦める事をやめる人生を選択してください。

それが最後後悔しない方法です。

生きてさえいれば、なんでも出来る

竹内結子さん亡くなりました。

非常に驚きましたし、ショックでした!

今年の一月には第二子を出産したばかりです。

残されたお子さんは殆どお母さんの顔覚えていないでしょう。

先日は三浦春馬さんが自殺されました。

竹内結子さんはまだ自殺とは確定しませんが、その可能性は高いです。

日本の自殺者数は年々減って来ています。

でも今年はコロナがあったり、コロナの影響で会社が倒産などの影響で自ら命を絶つ人が増えるかもしれないという話しを聞いたりします。

竹内結子さんは私とほぼ同年代。

何か非常に残念です。

どうして?なぜ?ってもし聞けるなら聞いてみたいです…

自分で自ら命を絶つという事は、余程の決心、もしくは正常な精神でないとしか考えられません。

自ら命を絶つという選択肢は、もったいないです。

生きていれば、今は辛くても、先には今より楽しい未来があったかもしれません。

自分で人生を諦めるという選択肢は、絶対に選択してはいけない事だと私は思います!

人生を諦めない!

せっかく頂いた命、生まれてきた命、最後まで使い切って下さい!!

最後に

諦めるという事をしなければ可能性はあります。

でも諦めなければいけない時もあります。

でも諦めても、そこで終わりではありません。

必ず終わりは始まりなんです。

始まりは終わりなんです。

今日という日が楽しくてたまらない!でも今日という日は必ず終わるのです。そしてまた明日が来るのです。

すると明日は、もっと楽しいかもしれないし、もっとワクワクするかもしれない。

今が辛くてたまらない。でも今は直ぐに過去に変わるのです。明日になれば、一か月先になれば、1年先になれば、そんな辛い事なんかよりも楽しい事があるかもしれない。

いや必ずあります!!

諦めないのがベスト!

でも諦めなければいけなくなった時、それは始まりなんです。

但し、人生を諦めるという選択肢は、ありません!!

諦めなければ、少しづつですが、夢や目標に近づきます。

そしていつか夢や目標が実現する時が来るのです。

もっと明るい未来を信じて、笑顔で楽しんで、夢や目標を実現して行きましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。

今日も最幸の1日になりました(*^^)v

楽成感