試合には必ず勝者と敗者の区別があります。

同じ実力の相手ともなれば、白熱した試合、一点差を争う試合になり一瞬たりとも気を抜けない素晴らしい試合になる事も多々あります。

でも何かの差、小さな差によって勝負は決まるのです。

特に今は新型コロナで、活動が出来ない期間があり、まだまだチームとして成り立たないチームもある中、選手達が楽しみにしていた公式戦がやっとはじまり、新たな目標を目指して、一試合、一試合を大事に楽しみながら、ハラハラドキドキしながら試合に臨んでいる選手もいると思います。

そんな大会が少ない、試合数が少ない中での敗北は中々受け入れがたい、ショックが大きいというチームも少なからずあります。

でも負けたからといったその気持ちを引きづっているとただでさえ残り少ないシーズン、残り少ない大会にまで影響を及ぼし、あれよあれよといつの間にか思うようなシーズンを過ごせず、シーズンが終わってしまったなんてこともあるかもしれません。

そんな大事なシーズンを棒に振らないように、1試合1試合での気持ちの切り替えが重要になってくると考えます。

シーズンが短いのもあり、毎週試合のように過密日程で開催している所もあり、通常のシーズンよりも気持ちの切り替えが出来るチームと出来ないチームでは大きな差が生まれかねません。

ではどうやって気持ちを切り替えるか。

それは試合が終了したら反省ではなく、分析をしてください。

反省は言葉の通り、何か悪い事をした、いけない事をしたというマイナスのイメージがあります。なのでこれをやるとマイナスイメージを引きづる事になりますので、良くありません。

それと負けた時は、負けた理由を探すのではなく、負けた試合の時こそ良かった所、自分の良かった所を一つでも多く見つけてください。

逆に試合に勝った時は、悪かった所を一つでも多く見つけてください。

これは先ほどの反省と同じです。負けた時こそ直ぐに気持ちを切り替える。

勝った時は、どんなことがあろうと勝ったという事実があるので、どんなに反省しようと気持ちはプラスなんです。

これを私たちのメンタル指導の中ではクリアリングといいます。

このクリアリングが出来ているチームと出来ないチームでは、結果に大きな差が出てきます。

特に今回は、チーム作りの時間があまりと取れていない所も多く、指導者の方も何とか勝利をと焦る気持ちも分かりますが、状況はどこのチームも同じです。

そんな実力差があまり出ていない状況で焦って、技術面を何とかしようとして、反省ばかりしていても結果に結びつきません。

こんな短期決戦こそ、メンタルの持って行き方が非常に重要になります。

1試合1試合大事に、試合ごとにクリアリングして修正する事で、これが出来ているチームと出来ていないチームとでは、その後の結果に大きな差が生まれますので、是非メンタル部分を重視して、今シーズンを戦ってもらえればと思います。

試合が終わった時のクリアリング、これを重視して今シーズンを乗り切って下さい。

そして1試合でも多く、一つでも上の順位に行けるように顔って行きましょう!

クリアリングを行い、望む結果を得て夢や目標を叶えて行きましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。

今日も最幸の1日になりました(*^^)v

楽成感