メンタル

【№347】円陣の必要性!

色んなスポーツで円陣を組んで監督が選手に指示している場面を見かけます。

野球であれば試合開始前や各イニングの変わり目に円陣を組みます。

サッカーやバスケであれば、ハーフタイムに円陣を組んだりしています。

バレーボールであれば、タイムをとって円陣を組んでいます。

色んなスポーツで円陣を組む場面を見かけますが、これは何のために行っている事なんでしょうか?

一つは監督、コーチが選手に指示を出す、修正点を伝えるなどのゲームの内容についてミーティングでもあります。

その他には休む時間を確保するや水分補給など色々ありますが、特にこの円陣を組むことで試合を左右する要素があります。

それが円陣を解散する時に出す掛け声です。

この掛け声が実を言うと意味を持っているのです。

出す言葉はそれぞれチームで違いますが、解散する前に声を出す。声を合わせて出すという事は、気合を入れているのです。

気合を入れるというのは、実を言うとある体に変化をもたらせているのです。

それがアドレナリンを分泌させることです。

アドレナリンは気合ホルモンと呼ばれており、身体機能や筋力を一時的に上昇させる効果や集中力や判断力を一時的に高める事かがあります。

つまりスポーツなど円陣を組んで、円陣を解散する時に出す声はアドレナリンを分泌させ、やるぞ!逆転するぞ!もっと点数を取るぞ!など気合を入れる事で試合の流れを変えたり、状況を変化させるために行っているのです。

これを知らずにただ円陣を組んで、解散時声を出さない、声を適当に出しているチームは、その円陣は意味のないものになる可能性があります。

円陣を組むことには意味があります。

その意味を理解しないで、行っているとせっかく組んだ円陣も意味のないもになりますので、円陣を組む意味を理解し、円陣を有意義なものにして臨む結果を得ていきましょう!

アドレナリンを分泌して気合を入れて、流れを引き寄せ、結果を出して、夢や目標を叶えて行きましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。

今日も最幸の1日になりました(*^^)v

楽成感