メンタルビジョン

【№325】利き手がある様に利き目があるのを知っていますか?

あなたの利き手はどちらですか?

私は右利きです。

私は左利きです。

と言うように殆どの人は利き手があると思います。

稀に両利きの人もいます。

箸を持つのは右だが、ボールを投げるのは左と言う人もいます。

もちろん足にも利き足があります。

そして実を言うと目にも利き目があるんです。

知っていましたか~???

利き目とはどういうことかと言うと、優先権がある目の方を効き目と言います。つまりピントを合わせに行く眼になります。

目は二つあるわけですが、両方の目で物を見て、それが何なのか脳で判断し、見えるとなるのですが、その時物に対してピントを合わせに行く眼が利き目になります。

ではあなたの利き目はどちらですか?

と質問されても分からないですよね。

ここで利き目がどちらか見分ける方法をお教えします。

まず両手で三角形を作って下さい。

天津飯の気功法を出すような感じです。

(ドラゴンボール世代にしか分かりませんが笑)

その三角の中に3メートル以上離れた先のものを見て下さい。

なんでもいいので見て下さい。

そして片目ずつつぶって見て下さい。

するとどちらかの眼をつぶった時にその見えていた物体が三角の中から消えることがあります。

見えなくなった目は、利き目じゃない方です。見えている方が利き目という事です。

例えば右眼をつぶって見えている。左眼をつぶって消えたとなれば、利き目は左眼です。

左眼をつぶって見えている。右眼をつぶって消えたとなれば、利き目は右眼になります。

このようにして人間には、利き目があるのです。

但し稀に両目共に三角の中に見えている人もいますが、その人は両目が利き目になります。

利き目を知ることで、野球では右左どっち打ちの方がいいとかバッター-ボックスでの立ち位置をこうした方が打ちやすくなるとかが分かりますし、サッカーでも利き目によってポジションを変える事でパフォーマンスが上がったりもします。

また利き目を知る事で、普段の生活でのポジションや座る位置など色んな所で、ちょっとした工夫をすることで、ストレスがかからなくなったりもします。

このようにして利き目を知る事で、プラスになる事が多いので、まずは自分の利き目を知ることをやってみてください。

利き目を知る事であなたのパフォーマンス向上につながるのです。

利き目を知って、パフォーマンスを上げて夢や目標も叶えて行きましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。

今日も最幸の1日になりました(*^^)v

楽成感