必ず夢や目標に向かって進んでいても訪れるのが困難です。

頑張って、努力しても逆風が吹く時も必ずあります。

そんな時、その先にある得たい結果、なりたい姿になる為には、困難や逆風を乗り越えていかなければ、その先にはたどり着けません。

でも困難や逆風は、なんとかその夢や目標を諦めさせようと、困難という山を高くしたり、逆風という風を、台風並みの強い風にしたりしてきます。

超える山が高ければ高いほどその後の下りは楽でスピードが加速していきますし、風が強ければ強いほど、無風になった時の一歩が軽やかになり、どんどん前に進んでいきます。

そんな高い山や強風を乗り越える為に必要な力があります。

それが

「誰かの為に」

という力です。

「他喜力」

とも言います。

自分の為だけに高い山を乗り越えようと、強い風に立ち向かおうとしても、中々それら困難を乗り越えるのは難しいです。

なぜなら自分が我慢すれば、諦めれば、その困難に立ち向かわなくても良くなるからです。

人間は自分には甘いんです。

でもそこで誰かの為、例えば家族の為、愛する人の為、恩師の為、友達の為、世界中の人の為など自分以外の人の為という事を思えれば、それは諦めることは出来なくなり、困難に立ち向かって、そしてそれを乗り越える力となります。

成功する人としない人の最後の力の差はこの力の差なんです。

誰かの為に俺はこれを成し遂げる。

誰かの為に俺はこれを乗り越える。

誰かの為に俺は絶対にあきらめない!

このような思いがその人に大きな力を与えるのです。

夢や目標に向かって頑張っている時、どうしてそれを目指しているのか?

誰の為に頑張っているのか?

一度考えて見て下さい。

そして誰かの為にと思えていない人は、誰の為に成し遂げたいのかを決めてください。

そうする事で、今後訪れる困難にも立ち向かっていける事となります。

誰かの為、他喜力を身につけて、高い山も強風も乗り越えて、夢や目標に向かうスピードを加速していきましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。

今日も最幸の一日になりました(*^^)v

楽成感