メンタル

【№308】満足は崩壊への道!

満足する事は、歩みを止める事です。

満足する事は、そこで挑戦をやめることです。

満足する事は、思考を停止させることです。

満足は、一見幸せそうに見えますが、それは今だけで、それは長続きしません。

むしろ崩壊の始まりなんです。

ふと見たカンブリア宮殿の再放送でこういう言葉が目に飛び込んできました!

「努力に対して十二分に報いられてるときは崩壊への道をたどる時」

松下幸之助氏の言葉です。

人間は目標を持って、目的がはっきりしていれば、それに向かって一生懸命努力します。

しかしその努力に対して十二分な報酬が得られたとき、満足できた時、それは崩壊への道の始まりだという事です。

普通の人間なら自分の能力や実績に対して、報酬が少ないと思うのが通常なのですが、それをもらえていると満足したら、それは崩壊への始まりなんです。

常に高い目標を持ち、今より上へ、今より良いものを、今より報酬をと考え努力していかないと、そこで満足して立ち止まると、それ以上の発展はなくなり、その後待っているのは、後退のみです。

なので、人間は常に欲のもと、挑戦し続ける、前に進み続ける事が必要となります。

この松下幸之助氏の言葉を見た時、確かに!!と思いました。

私もサラリーマン時代に駆け上がってきた階段で、棚から牡丹餅のような感じでポジションを頂いた時がありました。

それは自分で得たポジションではなかった為、仕事自体に気乗りがせず、でも報酬だけが上がり、ラッキーと思ったことがありました。

今思えばそれが、崩壊の始まりでした。

そこからというもの、更に上へ行く事もありましたが、うまく行かない事が増え、空回りする自分がそこにいて、仕事面白くなくなり、やる気がなくなってきたのです。

今思えばあの時上がった報酬に満足したのがてっぺんで、それ以降あの時の報酬を超える事もなく、たださがっていく一方でした。

あれが崩壊の始まりだったのです!

この言葉にもっと早く出会っていれば、もう少し変わっていたのかもしれません。(別に後悔ではありません。違う感じもあったかもという意味です)

常に次へ、次へと高みを目指して挑戦し続ける。これが非常に重要なんです。

満足していると思った時、是非この松下幸之助氏の言葉を思い出し、今一度気を引き締めなおしてください。

常に挑戦して、前に進み続ける事で、夢や目標を叶えて行きましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。

今日も最幸に1日になりました(*^^)v

楽成感