なんでも否定から入る人っていませんか?

必ず反発する人っていませんか?

なんでも反対の事を言う人っていませんか?

私の周りにもいらっしゃいます。

そんな人は、必ずと言っていいほど変化を嫌います。

新しい事を受け入れたがらず、過去にすがってばかりです。

まったく聞く耳を待たず、仰っている事に統一性がなくブレブレです。

まぁ最後のブレブレは、ある意味柔軟て言うとり方もありますが、単に自分の都合にいいように取っているだけですが。

こんな人が周りに居たら、どう思いますか?

私は接し方には3パターンあると思っています。

1つ目は、何とかこの人を肯定人間にしようと鼻血が出るほど興奮する。

2つ目は、こんな人もいるんだと思い、新種の動物だと捉え、ニコニコして聞き流す。

3つ目は、付き合わないようにする。

私としては、2つ目の対応をします。もちろん3つ目の選択肢もありますが、どうしても関わらなくてはいけない時もあります。1つ目は、肯定人間にしようとするまで付き合うかどうかという判断が必要になりますので、時と場合によると思います。

この否定な事ばかり言っている人間を私は、「天邪鬼人間」と言っています。

何を言っても逆へ行こうとするし、反対意見を言うし、だからと言って悪い人間かというとそうでもないんですが、脳がそういう反応をするという習性になってしまっているんです。

なのでまずは、その反応を変える事が必要です。

今までの経験や聞いたこと、見たことから、それらが潜在意識にある為、そして脳は意識していないと常にマイナス反応なんで、それが天邪鬼反応となっているんです。

その人の話しをよく聞いていると、愚痴や人の陰口、噂話と言ったような、マイナスの事ばかりを言っています。

なのでその人のインプットは常にマイナスで、アウトプットもマイナスなのでマイナスサイクルなんです。

そういう人に限って、お金の回りが悪かったり、あまり良いことが起きなかったりしています。

ですのでまずは言葉を変える事から初めて行きます。

アウトプットの言葉をまず変える事で、インプットを変えて、流れをプラスに変えていくのです。

ただここに一つ問題があります。

それはその人が変わりたいかどうかという事です。

変わりたくないと思っている人に強要してもそれは、「スーパー天邪鬼人間」に変身させるだけなので、その場合は、選択肢の2つ目もしくは3つ目を選びましょう。

もし本人が変わりたいと思っているのであれば、まずは言葉を変える事から初めていくと変わっていきます。

世の中には同じ人間が一人といないように、考え方もそれぞれです。

そんな中で同じ考え、同じ目的、同じ夢、同じ目標など共通部分を見出して、それがグループになっていくんです。

そしてそこで違うなと思えば、違うグループへいくんです。

それを受け入れるのも、一つの方法だと私は思っています。

出来ない事はない。やれると思っていても、タイミングじゃない時もあります。

それを受け入れる、受容するのもその人の力だと思います。

人間関係やコミュニケーションで悩む人は、今のような考え方でいる事で、少し楽になりますので、是非実践して見てください。

天邪鬼人間との付き合い方、人間関係、コミュニケーションは、全て自分次第なので、割り切る事も必要。その悩むエネルギーを夢や目標に費やして、夢や目標を実現して行きましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。

今日も最幸の1日でした(*^^)v

「ありがとう」

楽=楽しむ

成=成功

感=感謝