プラス思考は大切という言葉は、最近ではよく聞かれるようになりました。

ではなぜプラス思考が大切なんでしょうか?

それはプラス思考、プラスのイメージを持つ事で、願っている事、望んでいることを実現してしまうからです。

でも本当に実現してしまうのでしょうか?

もちろん実現する人、しない人が存在します。

なぜ実現しない人もいるのかについては、いろんな意見があります。

やり方であったり、イメージが足らなかったり、勘違いのプラス思考であったりと、実現しなかった人には何かしらの理由があるのです。

でももし実現しなかったからといって、そこで諦めたり、やめたりすると、その後絶対に実現する事はありません。

実現しない場合も存在するのです。

そんな時に実現しなかったことにショックを受けてしまい、マイナスになっていては、次の実現もあり得ません。

ここで重要になってくるのが、最悪の分析です。

最悪も想定しておくことが大切なんです。

最善をイメージしてその通りになれば越したことはないですが、最悪の結果もあり得るのです。

そんな時にその場面を想定しておかないと、ショックと辛さで、全てが終わってしまったかのような喪失感で、立ち直れなくなってしまいます。

もちろん今は実現しませんでしたが、その経験は必ず次につながるものなので、次につなげる踏み台にするために、最悪を想定して起き、最悪を分析する事が重要となります。

最善のイメージを行いつつ、最悪を想定しておくことで、望む結果を得られるようになるのです。

左脳で最悪を分析し、右脳で最善をイメージする。これが重要なのです!

最善のイメージ、最悪の想定で、夢や目標に近づき叶えて行きましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。

今日も最幸の1日になりました(*^^)v