「夢」と聞くと、疲れるんです。という人がいました。

その人は、「夢」に対して、大変なもの、辛いもの、苦しいものというイメージがある為、疲れるというイメージになったようです。

さらに深く聞いてい見ると、その人は、やはり疲れるから今は夢は持っていない。という事でした。

でも小さい時はどうでしたか?

小学生ぐらいの時夢はありましたか?

と聞くと、ありました。ということでした。

そうなんです。

生まれた時から夢に対して、疲れるというイメージを持っている人なんかいません。

何年、何十年と生きてきて、その中で色んなことを見て聞いて、体験する事で、夢へのイメージが出来てきて、それがその人にとっては疲れるだったのです。

ではなぜ疲れるのでしょうか?

疲れるというイメージは、その人が勝手に思い込んだだけなんです。

その人が勝手に思い込んだイメージなだけなんです。

しかも疲れる夢、大変な夢、楽しめない夢なら夢にしない方がいいです。

人間はどうしても楽な方楽な方、楽しい方へ行く習性がある為、大変だとか、辛いとか思う事を夢にしていては、必ず途中で諦めてしまいます。

ではどんな事を夢にするのか?

それはまず今の現状を無視して、常識の枠を外して、ワクワクするかどうかだけを考えて夢にするのです。

自分の今の地位がこれぐらいだから、このぐらいまでしか無理だろう。とか、今お金がないから、出来ない事ばかりだから、自分に出来るのはこれぐらいだろう。とか、そうやって、今の現状を考慮して、考える夢は、楽しめない夢となってしまう為、夢に対する障害が現れたとたん、自分の実力だとここまでだなという事で、叶ってもいないのに、満足して、夢を終了させてしまいます。

しかし、そんな時、ワクワク楽しい夢であれば、人間は楽しい事は、やりたい、続けたいとなりますので、そんなことで諦めたりはしません。

夢を持つ際に気を付ける事は、

ワクワクする事を夢にする。

ワクワクしないことは夢ではない。

しなければ行けないこと夢にしない。

ことです。

そうすれば、夢に対するマイナスのイメージもプラスのイメージに変わってくるはずです。

だってワクワクする事しか夢にしないんですから、どんなに大変な事が来ても、ワクワク、楽しければ、時間も忘れてその事を続けよう、乗り越えようとなり、勝手に夢が叶ってしまうのです。

皆さんの夢はどうですか?

今思い描いている夢はワクワクしますか?

もしワクワクしないのであればこの機会に本当は何が夢なのか、考えなおしてみてもいいかもしれません。

ワクワク、楽しみながら、夢や目標を叶えて行きましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

今日も最幸の1日になりました(*^^)v